ビジネスという言葉について

まず始めに、ビジネスとは経済用語を表す言葉であり、狭いところから広いところまで様々な意味を持っています。
一概にひとつの日本語に訳すことは出来ませんが、日本の間ではこのような感じに使われることがよくあると思います。
商売を表すビジネスのこと、商談、売買などの仕事内容であったりその行動を商売のビジネスと呼んでいます。
ビジネスが成立した、などという言葉もよく聞きます。
二つ目に、仕事や職業、業務を表すビジネス、これは自分が行っている職業そのもののことをビジネスと呼ぶことが出来ます。
三つ目は、商業活動、経済活動全般を表すビジネスです。
広域として広く、様々なことをビジネスと呼ぶことが多いですが、捉え方は人それぞれであるので、これが自分の思うビジネスであればそれはその人のビジネスということになると思います。
考えると奥が深いような気もしますが、ビジネスという言葉をそのまま受け入れることが出来れば、その意味も必然と理解出来るようになると思います。
主に、ビジネスとは営利、非営利を問わず、また組織形態も問わず、その事業目的を実現するための活動全般を指します。
個人、団体であったり、それぞれの事業体が考えて行動し、人、金、物、情報を使い、資源を活用して行う活動全体のことも意味します。
また、個人的な感情を交えずに、利益の追求のみを目的とし行動をする仕事である、と言われています。
個人のためだけ、という言葉は引っかかりますが、それが悪いとは一概には言えないと思います。
それが個人の思うことであるならば、それは正解であってそれは間違ったことではないと思います。
まして、それを否定していいわけでもありません。
それをわかっているうえで、それを考えているうえでビジネスという言葉をもう少し考えて使うことも必要であると思います。
ビジネスに徹した気持ちがあればそれらを名乗る資格は誰にでもあると考えています。
わかりにくい言葉でもしっかり考えると、すごく重要な言葉であったりもします。

Comments are closed.